SEO効果を得るには、3つの方法で価値ある情報をホームページに組み込む

とにかく長い文章を書く

ホームページのメインが文章であり、その文章の質によってSEO効果が得られるかどうかが決まります。まず優先すべきは、文章を長くすることが重要です。文章の質、つまり価値ある情報を含ませるには、内容にこだわる必要がありますが、それ以前に文章が短ければその意味がなくなります。だから、文章を長くするよう考え、工夫することが大切です。長ければ長いほどSEOは『価値がある』と判断するので、不自然にならない範囲で長文化しましょう。

他とは違う自分だけの内容にする

価値ある情報とは、誰もが知っているものではなく、自分だけが知っている情報のことを言います。それをホームページの記事に書き込むことで価値が生まれ、SEO効果が得られやすくなります。価値ある情報を書くポイントとして、自分だけの経験と成功談を入れると良いでしょう。既存のものでは無価値で、どこでも知ることができます。しかし、自分だけの経験や成功談は絶対他では知ることができないので、インターネット上では価値があると判断されます。

見やすい文章に編集する

文章を長文にし、価値ある情報を組み込めば、後はそれを見やすくする必要があります。見やすくする方法として、まず長文を複数の改行と空行で分け、塊として見せると良いでしょう。読ませるのではなく、見させるイメージで編集すると良いでしょう。次に、自分にとって読者に知ってほしい重要ポイントや読んでほしい文章に、文字効果を適用すると良いです。一目で『ここが重要なんだ』と分かれば、質のある文章記事としてSEOに良い判断をしてもらえます。

ホームページをせっかく作っても、来客数が少ないことはよくあります。ホームページ作成とSEO対策を勉強することで来客を増やすことができます。