社員研修を何から始めたら良いか悩んでいる人のために

会社の現状を調べることから始めることです

中小企業などでは、座学の社員研修を行ったこともない会社はたくさんあります。しかし、座学ではなく社長みずからが手取り足取りで教育をしているのです。社員の人数が増えてくると、わが社も社員研修となるのですが、何からやれば良いのか見当もつきません。このような時には、焦らず現状を把握する必要があります。自社の社員は何が不得手なのかを知り、そこからはスタートしていけば良いのです。間違っても、社長も理解できないような話からは避けることです。

教育は単発では効果はありません

社員研修を行うことで社員が立派に成長していると思うのは間違いです。営業成績が悪いので、営業マン研修を行ったが全く効果がなかった。研修会社に苦情を言いに行く経営者もおります。一度や二度、それも思いついた程度の研修では、受講する社員の方が迷惑な話しなのです。教育とは時間のかかるもので、計画的に段階を追って進めなければ効果は期待できないと考えることです。少なくても、事業計画に沿って一年間の研修計画を立てることから始めましょう。

社員研修は対象者を絞ったほうが効果があります

社員研修のために外部から招いて受講するとなれば、当然研修費用が発生します。会社に研修室がなければ会場の費用もかかります。人材にかける投資となり、全員に受講をさせたいと考えるのは当然かと思えます。しかし、研修は受講する対象者に対して行うもので、内容は狭く深く教育していくものです。全社員ともなれば広範囲となり、一般的な話しのため研修ではなく講演になってしまいます。効果的な研修とは、対象者を狭め目標とする結果を明らかにして行うものです。

管理職研修を実施する際は参加者が研修内容を業務に反映できるようにわかりやすい内容にすることが大切です。また、参加者の問題点を解消する目的もあるので個別の対応も重視する必要があります。